不精のこころ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「やりたい事」と「できる事」は・・・

<<   作成日時 : 2009/04/14 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

学びの記録 A  TV番組から 
TBS 嵐:二宮和也さん出演ドラマ「DOOR TO DOOR」を見て・・・

「ヒーローはいつも笑顔だ!」と。

初めての体験には、必ずや大小は別として”不安”“恐れ”がある。
ドラマの中でのセリフに
「シーザーにも、ナポレオンにも、初陣はあった」と。

「チャンスは、ピンチの顔してやってくる。。。。」

私はこの本を思い出した、、、

ある名著の改訂復刻版の題名から感じるかも、、、「営業は断られた時から始まる」

1964年に発行された『販売は断られた時から始まる』で、80年代初めに購入し読んだ本である。
古臭い営業のノウハウ本に捉えられそうだが、最近の営業マンに不足している“心構え”に必要なのかも。

そして「私はどうして販売外交に成功したか」と併用して読まれるといい。


「できること」と「やりたいこと」は別だ!?とドラマの中ではよくでるが

ドラマ最後に
「やりたい事」と「できる事」は必ずしも別じゃない。」と結んでいる。
−父さんの言葉の中で間違っていたこととして−

=確かに「別」なのだろう、でもやりたいことはできる先にあると私は思う。
 この違いは、
 自分自身の素質を“知っている”か、“理解しているか”なのではないだろうか。

私論:
営業って、営業マンとは違うのではないか、この点が理解できれば、、、、面白くなると!

あなたは営業のできるビジネスマンの一歩を踏み出す

ただ決して、サラリーマンのできる営業マンにはならないこと。

「セールスマン」って、「売る人」?

一般的には「営業マン」でいいが、中身は・・・・???

営業マンではなく、コンサルタントになる。 

情報はどこにでもある・・アンテナをいかに張るか

ドラまの中では「メディカルメイク」・・「DOOR TO DOOR」・・訪問販売にする発想が、、、、裏にはアンテナが。

コンサルタントは“ゼロ”から“一”を生みだす。
カウンセラーは“マイナス思考”を”気持ちをニュートラル”にする。

ベネフィットプロデューサーになると捉えれば、、、ちょっとカッコいい…かも。


営業は“人を成長させる“そして適性を知ることができ、
いや自分が理解できるのではにだろうか。

人生はこれからだ!

人は”身だしなみ”が大切だ!
人と会う時の気持ちの持ち方、心がけのことだと思います。
自分に自信が持てれば、いい笑顔ができる

人には寿命がある
人間50歳を過ぎると、時が経つのが早くなると思う。
知っていることが“多く”なってくるからなのか
しかし、そんなに“多くなっていない”にもかかわらずである。

どんな仕事でも、生き残る人間は一種類しかいない
それを最後まで続けた人間だ
残る人は続けた人だ、と。

お父さんがいて、母がいた
だから、
私はこうして歩いていけるのだから、、、、、、

体が不自由にもかかわらず、トップセールスマンになった人の実話。

実話は“人に気付きと学び”を与えてくれる、、どんな実話でも。
あなたは何に気付き、何を学びますか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「やりたい事」と「できる事」は・・・ 不精のこころ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる